とりかごとなり。

Mozilla Thunderbirdに関する個人的な備忘録とか設定とか。トラシュー時の対処や考え方が基本路線です。

基本操作はThunderbird全般、何か困った! の時はトラシュー基本をどうぞ。
そのほかのカテゴリーは右サイドから。

Thunderbird 45.3.0 Release

Thunderbirdの45.3.0がリリースされました。
Thunderbird — Notes (45.3.0) — Mozilla
修正された全Bug一覧
Bug List

目玉の修正は、国内外で散々物議を醸した

"edit as new message" on a received message pre-filled the sender as the composing identity.
「新しく編集」で元メールの差出人がメール作成者のidentityとして入ってしまう

 の修正と思われます。

Resolved fixed Bug1254666 - とりかごとなり。
でも書いたように、、既存のメールについて「新しく編集」を選んだ場合でも、本来の差出人の情報が入るような挙動(38.xまでの仕様)に戻されています。
1254666 – "edit as new message" on a received message prefills the sender as the composing identity
の修正です。

他の修正としては、

Certain messages caused corruption of the drafts summary database.
あるメッセージが下書きの要約データベース破壊を引き起こす

対応bugは
1276419 – embedded image with source URL with ? leads to corrupt src="mailbox:///.../Drafts?number=..." in a composition. (This gets sent without being converted to reference via CID).

(メッセージ作成画面で?が付いた画像埋め込みのURL*1が壊れてしまう)

Disposition-Notification-To could not be used in mail.compose.other.header
設定エディタ中のmail.compose.other.headerにてDisposition-Notification-To*2が使えない

こちらの対応bugは
1250376 – Since jsmime.js, no longer possible to use Disposition-Notification-To in mail.compose.other.header
設定エディタのmail.compose.other.headerでカスタムのメールヘッダを追加できる機能でDisposition-Notification-Toを追加しても実質使えない(ヘッダが追加されない)という問題の修正です。
開封確認要求なんて滅びてほしいメール悪習の筆頭みたいなもんだけど…

その他にもsecurity fixが幾つか修正されていますので、アップデートをお勧めします。

*1:src="mailbox:///.../Drafts?number=.../

*2:開封確認要求のヘッダ開封確認メール ‐ 通信用語の基礎知識