とりかごとなり。

Mozilla Thunderbirdに関する個人的な備忘録とか設定とか。トラシュー時の対処や考え方が基本路線です。

基本操作はThunderbird全般、何か困った! の時はトラシュー基本をどうぞ。
そのほかのカテゴリーは右サイドから。

Thunderbird38.6.0 release+α

Thunderbirdの38.6.0がリリースされました。
公式無料メールソフト Thunderbirdからダウンロードできるバージョンも38.6.0になっています。

いつものようにThunderbird上でのアップデートも可能です。
トラシュー1[発生環境特定]:OSとThunderbirdのバージョン確認 - とりかごとなり。
を参考に、「Thunderbirdについて」の画面を開くとアップデートのチェックが行われ、そのままインストールが可能です。

2/16 22:00現在、まだ日本語情報が乏しいので、全部英語ですが、
英語のリリースノート:Thunderbird — Notes (38.6.0) — Mozilla
修正済みBug一覧:Bug List

security fixが含まれているようなので、なるべく早いアップデートがよさそうです。

例のアンインストール情報は…

何故か当ブログの検索ワード上位に挙がる、38.5.0のアンインストール問題についてですが、Mozilla Maintenance Serviceがインストールされた状態であっても、38.6.0にアップデートした時点で38.5.0の表記は消えるようです。

以前検証に使ったWin8.1環境はMozilla Maintenance Serviceを抜いたままなので、別マシン(以前「問題概要」で38.5.0/38.5.1のスクリーンショットを確保したのと同一)にて

f:id:meeyar:20160216215838p:plainご覧の通りで、Mozilla Maintenance Serviceが残っていても、Thunderbirdのバージョンは38.6.0のみになっています。
全国の「サンダーバード 38.5.1 38.5.0残る」「サンダーバード 38.5.1 旧バージョン残る」で検索/ご懸念の皆さま方は一安心ですね。