とりかごとなり。

Mozilla Thunderbirdに関する個人的な備忘録とか設定とか。トラシュー時の対処や考え方が基本路線です。

基本操作はThunderbird全般、何か困った! の時はトラシュー基本をどうぞ。
そのほかのカテゴリーは右サイドから。

トラシュー2[アドオン依存かどうか]:セーフモードの方法

Thunderbirdにインストールしているアドオンが原因で、不具合や予期しない動作が発生することがあります。
このようなケースで原因を探るときの考え方としては、
アドオンを無効化すると不具合が再現しない→アドオンが不具合の原因である可能性が高い
というのが基本です。

ここでは、すべてのアドオンを無効化する「セーフモード」の方法を書いています。

Mozillaの公式記事
Thunderbird のセーフモード | Thunderbird ヘルプ
も参考に。

 セーフモードの主な目的は、アドオンを無効化することで機能の追加・変更がない状態での動作確認ですが、一部の機能(ハードウェアアクセラレーションなど)も無効化します。
基本的には常用するものではなく、問題の検証や確認などに使われるものです。

セーフモードでの起動方法

以下のどちらか。

その1:起動時にセーフモードを指定

Thunderbirdを起動していない時に

とか

を行う。
現行の38.x系ではなぜか上手くいきません。(2016/4/5追記)再現条件がわかりました。プロファイルマネージャにて「今後このプロファイルを使用する」にチェックがない場合に再現します。訂正記事を書きました。
Shift(Option)キーでセーフモードが起動しない条件 - とりかごとなり。

その2:Thunderbird起動中に操作する

Thuderbird起動中にメニューバーのヘルプ>アドオンを無効にして再起動 とする。

OS Xでの画面

f:id:meeyar:20160110001556p:plain

Windowsでの画面

f:id:meeyar:20160110001521p:plain

問題のアドオンを特定するには

基本的には、インストールしているアドオンを一つ一つ有効・無効にして挙動を確認することになります。
数が多いと面倒になりますが、アドオンによっては

Add-ons for Thunderbird

でのレビューやサポートサイトで情報が公開・共有されていることもあるので、活用しながらすすめるのがよいと思います。

セーフモードでも改善しないとき

二つの可能性があります。

  1. アドオンが原因であるが、セーフモードでも一部の設定が無効化されず残っており、不具合が出続けている
  2. 原因はアドオンではなく、他のところにある

「他のところ」というのは、Thunderbirdのプログラムそのものの不具合(本来の意味でのBug)、プロファイル内の設定や変更箇所、Thunderbird外の要因(セキュリティソフトやOSの設定など)を含みます。
これらのどれであるかをピンポイントで当てるのは必ずしも容易ではないものの、まずは一切個人の使用環境やカスタマイズが入っていない状態(新規プロファイルの作成)でも再現するか見てみるのがよいです。